「夢」募集中!~こどものゆめをかなエール②

滑川市のショッピングセンター・エールで募集中の「こどものゆめをかなエール~あなたのゆめをきかせてください~」。

未就学児から小・中学生までを対象とし、エールや公園通り商店街周辺でしたいこと・夢を募集しています。

募集は、いよいよ明後日12月19日(日)までとなりました。

続々と応募が集まってきています! 実現できたら楽しそうな夢ばかりでワクワクします♪

※画像をクリックすると大きく表示します。→

 

子どもと一緒にできる企画

さて、今日はどうしてこの企画をしようと思ったか、その理由を紹介したいと思います。

一昨年、ふと「子どもと一緒に何かしたいな」と思いつき、小学生の息子と娘に「ママと何かやりたい企画ある?」と聞いたところ、子どもたちが「パフェを作りたい!」と言いました。

そこで、コンビニで買える材料(チョコフレーク、アイス、冷凍フルーツ、クレープロールなど)でパフェを作りました。お店で食べるより豪華なものではありませんが、自分たちで考えたことが実現した時の子どもたちの嬉しそうな顔が印象に残り、その後も何度かやりました。

今回この出来事を思い出し、「ささやかな夢でも子どもにとっては叶えたときの喜びが大きい。自分で考えた楽しい体験を実現することで、達成感や満足感を味わってほしい」と考え、企画したのです。

 

夢に賛同する仲間づくり

エールで2018年10月と2019年10月に開催した大型イベント「恋するハワイ~あなたの夢をかなエール~」のきっかけは、私の友人である "のんちゃん“ の「ハワイに行きたい」という夢を叶えたものでした。
「恋するハワイ」は、1人の夢にみんなが賛同し、それがみんなの夢となって、たくさんの人に喜んでもらえる大きなイベントに成長しました。「また開催してほしい」という声も多かったと聞きます。

この時から、私は「もっとたくさんの人の夢が叶う場であってほしい」と思い続けていました。

日頃エールに買い物に訪れるお客さんや地元・滑川市に住む子ども達など、身近にいる人がエールで夢を叶えることができたら、その家族や友人も「私も夢を叶えたい」と希望を持つことができます。そしてこれまで以上にエールに対する親しみが湧き、ただのショッピングセンターでなく「夢をかなエール場所なんだ!」という印象に変わります。

夢を叶えた子どもやその家族にとっては、かけがえのない思い出の1ページとして記憶に残り、10年後・20年後・30年後にも「ここで夢を叶えたね」と語り継がれることと思います。(そうであってほしいな。)

 

想定されるメリット

企画書を作る段階で、この企画によるメリットも考えてみました。

・夢が叶った子どもは自分の企画で何かを実現できた、という達成感を持てる
・夢を語れる子どもが増える
・子どもの夢を一緒に楽しめる親御さんが増える
・誰かを思いやったり誰かと一緒に活動したりといった人との交流を学ぶ機会にできる
・自分のやりたいことを明確にする機会になる
・公開することで実現性が高まる
・深堀りしたり横の広がりができる

この企画をきっかけに、夢について物怖じせずに語れる子どもが、1人でも増えると嬉しいです。

ご応募、お待ちしております!

※右上のコード、または、こちらから応募できます。